WIW |Vol.4【Incase】City Collection Backpack

「WIW=What I want」

borelessの管理人である「バスカン」が、欲しいモノを紹介しながら見つめなおす「WIW」。すでに発売されているモノから、未発売のモノまで、あらゆる気になるモノを紹介していく

 

以前から、ノートパソコンやタブレットを持ち運べるバックパックが欲しいと思っていた。数多くのメーカーからラップトップやガジェットを収納できる高機能バックパックが世に出ているが、今はApple社公認の【Incase】が気になっている。

 

 

【Incase】とは

【Incase】は1997年にアメリカ・カリフォルニア州で設立されたブランド。機能性に長けたバックパックやPC、タブレットカバーなどを数多く展開している。

 

良いデザインという本質に基づき、我々が提供するバッグやアクセサリーのエコシステムは年齢・性別を超える幅広いユーザーに情熱と最高の経験を提供しています。

我々のチームはIncaseの商品がユーザーのニーズ、新しいマーケット、そして絶えず増え続けるAppleの世界感に応えられるよう、常に綿密に打ち合わせを重ねデザインしています。
我々のデザインプロセスの中核にはコラボレーションを通した革新が常にあり、ブランド、我々のチーム、そして商品は、テクノロジーとライフスタイルが交差するところで成功をこれまで成してきました。

引用:Incase

 

 

僕が好きなスケーター「Paul Rodriguez」「Sean Malto」とパートナーシップを結んでいるんだとか、。

 

City Collection Backpack

僕が今【Incase】でバックパックを購入するなら、City Collectionのこのバックパックを選ぶ。

City Collectionは「毎日の生活の中で大切なものを整理、保護、持ち運ぶことができるようデザイン設計されたモダンで都会的なバッグ」をコンセプトに商品を展開している。

 

出典:Incase

「City Collection Backpack」

 

この「City Collection Backpack」は、17インチまでのMacBook Proが入るメイン収納と、A4の書類が収まるサブ収納との2層構造で、PCと書類などを分けて収納することができる。僕が現在自宅で使用しているパソコンはAcerの15.6インチのモノで、なかなか大きく2キロほどの重さもあるが、このバックパックなら軽く収まりそうだ。大きな開口で使い勝手がいいことも魅力的。

 

出典:Incase

 

欲しい理由・まとめ

  • スタイリッシュでモダンなデザイン
  • 17インチまでのラップトップが収納可能。
  • カラーも豊富
  • Incaseの中では比較的リーズナブル

本当はMacBook、Surfaceなどの軽くて持ち運びが容易なノートPCが欲しいのだが、お金に余裕がない。今持っている【Acer】のPCもまだまだ使えるので大きめのノートPCを収納できるバックパックが欲しい!!という話。「スタイリッシュなバックパックが欲しい」と思っている誰かの参考になれば幸いだ。

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)