WIW |Vol.3【Honda】Monkey 125 (モンキー 125)

「WIW=What I want」

borelessの管理人である「バスカン」が、欲しいモノを紹介しながら見つめなおす「WIW」。すでに発売されているモノから、未発売のモノまで、あらゆる気になるモノを紹介していく

 

 

【Honda】から125cc の「モンキー 125」が7月に発売

現在、僕の大学への交通手段は「スズキ」のレッツという原付バイクがメイン。入学してから5年間毎日というほど乗っている。この原付で地元長崎の山や海、色んな所へ出かけた思い出があり、大変お世話になった。

実家生はあるあるだと思うが、大学に入学してからツーリングやバイクの楽しさを知り、二輪の免許を取ったという人はたくさんいると思う。僕の周りの友人も同じようにアルバイトでお金を貯めて中型、大型のバイクを購入し、よくツーリングに行っている姿をめにする。僕は入学してすぐ原付を買ってしまったため、二輪の免許を取ることはなかったが、友人の影響もあり少しだけバイクについて詳しくなった。

 

これまでに何度か、マニュアル操作の原付バイクの購入を真剣に考えたことがある。レッツでツーリングに行くのも十分楽しかったが、いわゆるマニュアル操作に憧れていた。友人に話を聞いてみると、【Honda】の「モンキー」がお勧めとのことで、すぐにスマホで調べてみると、そのフォルムとかわいらしさに一目惚れをしてしまった。

 

【Honda】の「モンキー」はけっこう人気が高いらしく、中古でもまあまあな値段で売られていた。「簡単には買えないなぁ」と悩んでいるうちに、昨年、排ガス規制の関係で、一旦生産が終了してしまった。


50周年アニバーサリーモデル ※ホームページより

 

 

だがしかし、2018年7月、【Honda】から「モンキー 125」が発売される。

 

コンセプトは”アソビの達人”。これまでの50ccモデル「モンキー」の特徴である、「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの魅力は踏襲しつつ、スケールアップしたものとなっている。※ホームページより

またこの「モンキー125」、通常のモデルから価格が3万円ほど高くはなるが、ABS機能を装備したモデルを選択することもできる。

 

 

【Honda】モンキー125 パールネビュラレッド

 

 

 

50cc のモンキーとの比較

モンキー(50cc) モンキー125
全長(mm) 1365 1710
全高(mm) 850 1030
車両重量 68 105
燃料タンク(L) 4.3 5.6
燃費(km/L) 100 71.0※モードによって違う

ざっとこんな感じ。一回り大きくはなっているが見た目は大きくは変化していない。あのフォルムが僕は好きだったので、愛着もわくだろう。燃費も原付のモデル比べると少し劣るが、リッター71kmは十分いいと思う。

 

 

 

 

カラー・価格・発売日

モンキー125
カラー:パールネビュラレッド/バナナイエロー
価格:399,600円(税込み)

モンキー125<ABS>
カラー:パールネビュラレッド/バナナイエロー
価格:432,000円(税込み)

モンキー50周年モデル(50cc)
  カラー:パールサンビームホワイト/ブラック/グラファイトブラック
価格:336,960円~

発売日:2018年7月12日

やはり125ccとはいえ、いい値段するなぁ笑

 

 

 

 

まとめ

2018年7月12日に発売開始される125ccのモンキー。値段は40万円程度と、簡単に購入することはできないが、見た目がすごい好きなのでやっぱり欲しい。社会人になってバイク通勤ができるようになればぜひ購入したい。まあ、まずは中型二輪免許を取らないといけないんですけども。。。

 


※ホームページより引用

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)