サードウェーブコーヒーとは? | サンフランシスコを代表する4つのコーヒーショップ

今日はコーヒーにまつわるちょっとした話と、アメリカ西海岸旅行中に訪れたサンフランシスコを代表する4つのコーヒーショップについて。

 

 

”サードウェーブコーヒー”とは

最近よく聞く「サードウェーブコーヒー」。アメリカでのコーヒーブームにおける第三の潮流を表すこの言葉、僕も以前から耳にはしていたが詳しくは知らなかったので調べてみた。

 

第一、第二の波

アメリカでは長い間コーヒーを大量生産・大量消費する時代が続いていて、大手メーカーがこぞって大量のコーヒー豆を流通させていたそう。これがいわゆる第一の波、”ファーストウェーブ“。とにかく費用を抑えるために品質を問わず、浅煎りの豆が採用され、俗に言う「アメリカンコーヒー」として浸透していった。

その反動もあってか、冷戦が終了した辺りから人々は豆を品質で選ぶようになり、深煎りで淹れたコーヒーが流行。またこの時代にスターバックスが誕生し、”セカンドウェーブ“を代表するコーヒーショップに。

 

その豆特有の風味、酸味を味わう”第三の波”

良い品質の豆は深く煎ってしまうとその個性が薄まり、似通った味になってしまう。逆に浅めに煎れば豆の個性が際立ち、風味も豊かになる。セカンドウェーブの流れからこのことに気づいた人たちの間で起きた潮流を”サードウェーブコーヒー“と呼ぶ。それから各地のカフェで、豆に合わせて浅煎り~中深煎りと焙煎方法を選び、1杯1杯ハンドドリップするのが主流となり現在に至る。日本においてもそうで、チェーン店などを除いて多くのカフェがハンドドリップを採用しているような気がしている。

またこのサードウェーブにより見直されているのが「コーヒーの酸味」。僕は酸味の強いコーヒーは苦手という風に感じていたが、人が嫌だと感じる酸味はコーヒー豆の劣化からくるものらしく、本来コーヒーの酸味は果実のような爽やかなものなのだそう。

 

 

サンフランシスコを代表する4つのコーヒーショップ

ブルーボトルコーヒーを筆頭に、サンフランシスコはサードウェーブコーヒーの発祥の地と言われている。先日の西海岸旅行の中で1日だけサンフランシスコを自由行動する機会があったので、ここを代表する4つのコーヒーショップそれぞれの1号店に足を運んできた。写真と共に簡単に紹介したい。

 

 

SIGHT GLASS COFFEE-サイトグラスコーヒー

 

はじめに訪れたのは、4つのショップの中でも最も歴の浅い「SIGHT GLASS COFFEE」。

 

 

この看板が目印。外観はガラス張りで、外から見てもかなりお洒落。ちなみにSIGHT GLASSという名前は、焙煎機にある豆の状態を確認する小さな窓から付けられたらしい。

店内の席は、1階にはカウンター、吹き抜けの2階にテーブル席+カウンター席といった感じ。さっそくクロワッサンとコールドブリューを注文し、2階席へ。

 

 

見渡すと平日の午前中にも関わらず、Macbookで作業をしている人や、友人との談笑を楽しんでいる人で店内は賑やか。客層も多彩で、若いスケーターやご年配の夫婦、僕みたいに観光目的で訪れているような方もいた。

1階ではヴィンテージらしき大きな焙煎機が稼働していて、焙煎の過程の様子を観察することが出来る。また2階にはコーヒーの淹れ方や豆の挽き方なんかを話し合っているスタッフや、僕が座ったカウンターの向かいには恐らくここの社員と思われる方達が仕事をしていた。どのスタッフも楽しそうだったのが印象的、正直アメリカのこの感じが僕にはうらやましい限り。

また写真には写っていないが、レジのすぐ隣に物販コーナーがある。そこにはコーヒー豆や【ポーレックス】のコーヒーミルや【ハリオ】のV60シリーズなど、日本のコーヒーグッズが割と並んでいた。

その中で一際気になったグッズがこれ

 

“SIGHT GLASS COFFEE”と書かれたトートバッグ。色がネイビーということもあり一目惚れして購入、かなり気に入っている。

 

 

Four Barrel Coffee-フォーバレルコーヒー

 

続いて訪れたのはバレンシア通りにあるフォーバレルコーヒーの1号店。店内はかなり落ち着いた感じで、テーブル席、カウンター席だけでなく、外にはテラス席も。先ほどのサイトグラスと比べ、若いお客さんが多い気がした。

ここではエスプレッソを注文。店員さんに呼ばれコーヒーを受け取りに行くと、小さい器に入ったエスプレッソと透明のグラスに入った水のような物を渡された。

 

 

どうやらこれは”トニックウォーター(炭酸水)”というものらしく、エスプレッソは砂糖を多めに入れて嗜むものだと僕は思っていたので、この炭酸水はなんだ?と訳も分からないままエスプレッソを飲んだ。それからこの特有の苦さを消そうと透明のグラスに注がれた炭酸水を追うように飲んでみると、、これがかなり美味い。

気になったので後で調べてみたところ、エスプレッソの楽しみ方には僕が知っていた方法の他にいくつかあるみたい。トニックウォーターと交互に飲んだり、エスプレッソを割って”エスプレッソトニック”なんて物を作ったり。相変わらずコーヒーは奥が深い。また1つ良い経験が出来た。

 

 

Ritual Coffee Roasters-リチュアルコーヒー ロースターズ

 

この日最後に訪れたのは、ミッションディストリクトにあるリチュアルコーヒー。ここで少し道に迷ってしまい、現地の方に道を尋ねたが「もっと詳しい住所はないのかい??」といわれて結局歩き回る羽目に。。前の2つのカフェにWi-Fiがないのが痛かった。

 

 

この写真には写っていないが、反対側にテーブル席がいくつかある。旅程の都合上あまり時間がなかったのでここではアイスカフェラテをテイクアウトで購入。店内の写真を数枚撮影した後すぐ移動することに。

この日は3つの1号店までしか足を運ぶことが出来なかったので、最も有名な「ブルーボトルコーヒー」の1号店は後日行くことに。

 

 

BLUE BOTTLE COFFEE-ブルーボトルコーヒー

 

そして最後は日本でも徐々に店舗数を増やしているブルーボトルコーヒー。1号店は少し離れたオークランドにあり、この大きなブルーボトルマークが目印。この日はレンタカーを借りてサンフランシスコ~ロサンゼルス間を移動する予定だったので、割と朝早くからお邪魔したのだが店内はお客さん達で結構賑わっていた。だてにコーヒー界のアップルと言われているだけあって、クオリティの高いサービスと美味しいコーヒーを提供してくれた。

 

 

ブルーボトルコーヒーのチョコレート。コーヒーに合うようにカカオ71パーセントと、少しダーク。またここではマグカップをお土産に買ったのだが、日本のブルーボトルコーヒーでも全く同じ物が売られている。

 

 

まとめ

旅行からもう2週間ほど経つが、せっかくサンフランシスコを訪れたので、サードウェーブコーヒーについて、また4つのショップの1号店の特徴や土産話なんかを記事にしてみた。

また向こうのカフェに行って思った事だが、とにかくWi-Fiがない店が多い。海外からの旅行客には結構きついが、どうやらコーヒーや人と接する時間を大切にして欲しいなんていう願いが込められているそう。ちなみに僕のオススメはサイトグラスコーヒー。ブルーボトル以外のお店も早く日本に進出して欲しいところだ。

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)