【オキナ】A4 Project Paper | クリエイティブな活動を支えるプランニング用紙

これまで、ボアレスの記事は使いかけのノートなどにアイデアを書き、それを見ながらワードプレスで編集していた。しかしノートの場合どこに何を書いたかを探すのが面倒だということもあり、何か記事の構成やアイデアを書き留めておけるモノを探していた。そこで先日東急ハンズにて見つけた、【オキナ】のプロジェクトペーパーを購入したのでレビューしたい。

 

 

【オキナ】A4 プロジェクトペーパーの特徴

 

【オキナ】は封筒やノート、文具を取り扱っている日本のメーカー。なかでもプロジェクトペーパーは人気で、僕がよく見ているブロガーの方も愛用しているそう。A3、B5、ノートタイプのものなど、種類は様々。僕はファイルなどに収まるサイズが良かったのでA4サイズを購入。特徴をまとめてみた。

  • A4サイズ(297mm×210mm)
  • 上質な紙を使用
  • 罫線ではなく5mm方眼

このプロジェクトペーパー、2010年にグッドデザイン賞を受賞している。白色度の高い上質紙を使い、原材料には自然と人に優しいエコパルプを使用している。

 

 

実際に使ってみて

 

僕は主にこの用紙を以下のように使っている。

  • ブログ記事の構成
  • 研究中、気になる式や原理をまとめる
  • 適当なイラスト

プロジェクトペーパーを実際に使ってみて、薄いわりにしっかりとした書き心地が印象的だった。思い描く図や文字をさらっと書くことができる。また今まで罫線のノートやレポート用紙を使用していたので5mm方眼が気になるかと不安だったが、全くそんなことはなかった。むしろ図などを描く際はこの方眼にかなり助けられている。

ブログの記事を書き留めるために購入したが、用途は様々だ。理系の大学院生でもまだまだ学ぶ事はたくさんあるので、このプロジェクトペーパーに原理をまとめたりして、クリップでとめたりしている。

 

 

プロジェクトペーパーにおススメなペン

  • 【プラチナ万年筆】PRO-USE 171

 

僕は普段、このプロユースという0.7mm芯のシャープペンシルを使っている。製図用のシャープペンなので、図を描いたり何か構成を考えるのにはもってこいだ。なかなか高機能なので、このシャープペンシルについてもいつかレビューしたい。

 

 

まとめ

今のところ使っていてかなり気に入っている。今後もこのプロジェクトペーパーを購入し続ける可能性が高い。東急ハンズで購入したが、amazonだと少し安くで購入することができる。

 

 

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)