ノマド時のお供。軽くて持ち運びが楽な【無印良品】バッグハンガーレビュー

学校やカフェに行った際、カバンやリュックの置き場に困ったことはないだろうか。そんなときにあると便利なのが「バッグハンガー」というもの。以前、無印良品を訪れたときに購入して数ヶ月間使ってみたので良かった点や少し残念な点などをレビューしたい。

 

コンパクトでスリムなバッグハンガー

【無印良品】が発売しているバッグハンガーの特徴、スペックはこんな感じ

  • 重さ:450g
  • 使用時の高さ:9cm
  • 耐荷重:3kg
  • 携帯用ケース付き
  • 価格:750円(税込)

コンパクトな割に3kgまでの荷物を掛けることができる。丸い部分はゴムのような素材になっていて、机から滑り落ちるにくくなっている。また半透明のケースが付属していて、ケースに入れるとジーンズのポケットにもすっと入る薄さになる。これが結構嬉しい。

 

 

使っていて少し気になったところ

このバッグハンガーを購入した当初は、こんな便利なモノがあったのか。。と思っていたが、数ヶ月使ってみて、少し残念な所があったので紹介したい。

机の厚さによっては掛けられないことがある

この写真のテーブルの厚さは3cmほどなのだが、丸い部分がギリギリ机に引っ掛かっている感じ。恐らくこれ以上厚い机となると、うまくバッグを掛けることができなくなってしまう。今のところカフェに持ち出したときにそこまでの厚さの机、テーブルはなかったが、少し気になるポイント。

 

Z字型なので、すこし荷物が落ちやすい気がする

これまで使っていて、何度かこういう事が起きてしまった。足に当たってしまうとけっこう落ちやすいので、パソコンやカメラなどの電子機器を入れたバッグを掛けるのはあまりオススメしない。

 

 

価格もお手頃で気に入っているので、これからも使っていく

少し残念な点もいくつか紹介したが、僕自身はこのアイテムを結構気に入っている。もう少し予算を上げてバッグハンガーを探せば上の問題点を解決させたモノもあったりするが、さすが【無印良品】といった感じで、この価格帯での商品のとしてはクオリティは高いものだと思う。見た目も可愛らしいのでこれからも使っていこうと思う。

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)