研究室でも美味しいアイスコーヒーを | 実際に研究室で作ってみた。

研究室でも喫茶店のように美味しい食後のアイスコーヒーが飲みたい。ということでスタートしたこの企画。

 

二回目の今日は、前回の「研究室でも美味しいコーヒーを|水出しコーヒーとは

に続いて、実際にアイスコーヒーを作ってみたので今日はその方法と、味や感想について。

 

 

 

はじめに、注文していた【KINTO】の1.2L用ウォータージャグが届いたので紹介を。

 

 

かなりシンプルだが、スリムかつ、冷蔵庫に横置きできるのがうれしい。楽天ポイントをうまく使って安くで購入することができた。

 

これさえあれば、

地元のコーヒー屋さん「カリオモンズ コーヒー」で購入した水出しコーヒー用のドリップバッグと1Lの水で美味しいアイスコーヒーが作れる。

 

このまま冷蔵庫で一晩寝かせると完成。正直誰でもできる簡単さで、超ズボラな僕でもお茶の子さいさいだった笑

 

 

次の日の昼頃、学校へ到着すると、すでにジャグの中身は半分ほど減っていた。汗

研究室のメンバーが先に飲んでいたらしく、感想を尋ねると、

 

「おいしかった!俺のバイト先(カフェチェーン店)のコーヒーよりおいしいかも笑」と言っていた。

 

早速昼食の後に僕も飲んでみたが、なかなか深みがあり、十分満足できる美味しさだった。これからの季節、かなり活躍してくれるであろう。ミルクを入れてカフェオレにしたり、バニラアイスにかけたりしてもおいしそうだ。

 

まとめ

このアイスコーヒーの企画、僕的になかなか楽しかった。これをきっかけにこれから豆の種類やドリップの方法など、コーヒーについての知識や実際に淹れてみた話なんかをこのブログでできたらいいなと思う。

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)