L.Aの空気をまとった波佐見焼 | 【HASAMI PORCELAIN】のマグカップとプレート

良い器で飲む珈琲は一味違う

 

これは完全に持論(迷信)ではあるが、先日素敵なマグカップを購入してからというもの、起き抜けのコーヒーや、作業に追われながら夜一人で飲む1杯がどこか特別なものになったような気がしている。

 

 

世界に羽ばたく波佐見焼【HASAMI PORCELAIN】

僕の地元は長崎で、長崎と言えば「カステラ」や「ちゃんぽん」「稲佐山から見る夜景」などが有名。この街に住んで24年が経つが、素敵な場所に生まれ育ったなと最近改めて思うことがある。そんな長崎にもし訪れたなら、美味しい食べ物や美しい自然と景色を堪能するだけでなく、ぜひとも触れてみて欲しい物がある。それが今回紹介する波佐見焼の器達だ。

長崎県東彼杵波佐見町で400年前から作られている陶磁器”波佐見焼“。長崎ではもちろん有名で、毎年開催される「波佐見陶器まつり」は今年で60周年を迎え、ゴールデンウィークの長崎自動車道は連日大渋滞を起こしていた。

 

そんな波佐見焼、現在世界的に注目されていて、メーカーやデザイナーによって様々なブランドが生まれているそう。僕が手に入れた【HASAMI PORCELAIN】もその中の1つで、デザイナーはL.Aを拠点にする篠本拓宏氏。

 

HASAMI PORCELAINの魅力は、器が手や口に触れた時の感覚にある。陶器に比べて引き締まったシャープさがあり、通常の磁器よりも優しく有機的な感触が心地よい。独特の素材感によってもたらされるマットな風合いと色彩は、どんな食材と合わせても違和感がなく、フードやドリンクを引き立ててくれる。

引用:HASAMI PORCELAIN

 

Mug CupとPlate(Lid)

僕が購入したのはMug CupとPlateで、カラーはブラックとナチュラル。このマグカップとプレートの特徴はこんな感じ

  • マットなカラーとざらっとした触り心地
  • スタッキングが可能
  • 長く使うことで経年変化や風合いを楽しむことが出来る

マグカップとプレートにはナチュラル、ブラック、クリア(ホワイト)の3種類のカラーバリエーションがあり、特にナチュラルとブラックに関しては手の油分などで少しずつ馴染むことで変化していく風合いを楽しむことができるそう。

またマグカップと共に購入したプレート、用途としては角砂糖やミルク、コーヒーと共に楽しむお菓子などをのせたりしている。ただそれだけではなく、写真にもあるようにマグカップの上にきれいに重ねることが出来るため、少し席を外すときなどに上に重ねることでホットコーヒーを冷めにくくするフタの役割も担ってくれるというなかなかの優れものだ。

 

少し気になる点を挙げるとしたら、スタッキングする際に器同士が擦れることで出るガリガリっとした音。僕はむしろこのざらっとした触り心地が好きなタイプなのだが、もしかしたら苦手な人がいるかも知れないと思った。

 

 

波佐見町にあるハイセンスなスポット「西の原」

僕が購入した場所は、波佐見町にある「西の原」というハイセンスな施設内にある「南倉庫」というお店。「西の原」には南倉庫だけでなく、洗練された雑貨屋やカフェ・レストランがいくつか立ち並んでいる。少し長崎市内からは離れた所ではあるが、ボルタリングができたり、たまにイベントなども開催していたりと、1日かけてのドライブデートなんかにも良いかもしれない。


出典:西の原

 

 

まとめ

【HASAMI PORCELAIN】は、オンラインストアでも購入することができるが、個人的にはぜひとも実際に手にとってみて、波佐見焼の美しさや独特の息づかい、またどこか漂うモダンな雰囲気を味わってみてほしいと思う。

日用食器としてその時代の人々の生活にあわせて変化し、暮らしによりそってきた波佐見焼。長崎に生まれた者として、自信を持ってborelessを読んでくれているみなさんにおすすめしたい。

 

 

「西の原」

住所:〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
駐車場:第1駐車場(20台)、第2駐車場(50台)
HP: http://24nohara.jp/

 

「南倉庫」

営業時間:11:00~18:00
TEL:0956-76-7214
定休日:水曜日

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)