すべてのポロシャツのルーツ。【Lacoste-ラコステ】の L1212

–全てのモノにはルーツがある

 

何かを買おうと思ったとき、そのモノが生まれた理由、その当時の時代背景などを一緒に調べたりすると面白い。面白いし、そこから何か新しいマインドを得られたりしてより一層それが欲しくなる。

 

大学生になり、アルバイトで手に入れたお金で自分の好きなモノを買うことができるようになった。それからジーンズの魅力にはまり、色んな洋服に手を出してみては失敗も沢山してきた。

 

今回はその中でも特に思い入れのある【Lacoste】のポロシャツについて、そのルーツと共に紹介したい。

 

 

【Lacoste-ラコステ】の L1212

【Lacoste】はウィンブルドンで2度優勝したことのある名テニスプレイヤー、ルネ・ラコステ氏が1933年に創業したワニのマークでお馴染みのフランスのアパレルブランド。ラコステが創業された当時から現在まで、多くの人に愛されているポロシャツが「L1212」であり、すべてのポロシャツのルーツとなっている。

 

L1212の最大の特徴は生地にある。「通気性」「伸縮性」を確保するためにラコステ氏が用いたのは”鹿の子織り”のコットン地(コットン・ピケ)。表面にある小さな凹凸によって肌に触れる面積が少なくなり、風通しがよくさらっとした着心地を生んでいる。

 

出典:lacoste

 

L1212の胸元の前ボタンは2つで、シルエットは適度に余裕のある身幅と少し長めの着丈といった感じ。少しずつ修正はされてきたが、このディテールは変わらない。

すべてのポロシャツは L1212 に通ずる

上で話したように、現代のポロシャツを発明したのはラコステである。カジュアルなんだけど、どこか品のあるポロシャツ。これを着ている大人が昔からなぜかかっこよく見えていた。

L1212が誕生するまで、テニスには白いドレスシャツが用いられていたそう。もっと動きやすく快適なシャツが必要だと考えたラコステ氏は、ポロ競技でよく着られていた柔らかい生地でできた半袖の襟なしシャツに目をつけ、そのシャツに襟をつけることで今でいう「ポロシャツ」が生まれた。

 

 

真っ赤なL1212との思い出

僕も1着だけL1212を持っている。恐らく大学3年生の時に、ネットで見つけたどこかのセレクトショップのオンラインストアで購入。なぜこのカラーを選んだのかはあんまり覚えていないが、夏場はこれ一枚だけ着て、少し肌寒くなってくると【Healthknit】のネイビーのカーディガンなどをよく合わせていた。3シーズンほど着用しているのですこし色あせてきたように感じるが、まだまだ大事に着たい。

 

僕が持っているL1212は確か日本製。フレンチ・ラコステが王道だとは言われているが、さすがメイドインジャパン、質はかなりいいと思う。外国での評価もそれなりに高いらしい。

 

 

 

 

フレンチ・ラコステについて

フランス製のポロシャツをフレンチ・ラコステ(通称フレラコ、フララコ)と呼ぶ。フランス本国での生産は90年代半ばに休止しているらしい。それから20年近く経つ現在でもMade in Franceこそが本当のフレンチ・ラコステだというファンも多く、古着の中でも重宝され続けている。そのためか、日本企画で70~80年代のフレンチ・ラコステを忠実に復刻したモデルが数年前に誕生していたりするそう。

 

日本製との違いは袖口のリブの感じだったり、生地の風合いの違いがあったり、、そこまで大きな差は無いように思えるが。。。相当なマニアでは無い限り、日本製のモノでも十分だと僕は思っている。

 

 

まとめ

こんな感じで、ラコステのL1212と共にポロシャツのルーツについても触れてみた。実際はもっと奥が深く、色々な歴史背景があった中でポロシャツというものが誕生したのだろうと思うが、キリがないのでこのあたりで留めておきたいと思う。

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)