【A.P.C】PETIT NEW STANDARD | 購入から3年半経った現在の色落ち

ブログを立ち上げてやりたかったことの一つに、大学生活の中で履き倒したジーンズを紹介するというものがある。いきなりではあるが、何を隠そう「ジーンズオタク」なのだ。オタクとはいってもライトなもので、ヴィンテージやレプリカをコレクションしたりはしない。それは新品の状態から履いて、好きなように洗濯して、自分の生活スタイルを投影するかのようなアタリや傷ができたジーンズが、世界で1番かっこいいと思うからだ。お金もないのでたくさん持っているわけでもない。

 

今回は持っているジーンズの中でも歴史が長い【A.P.C】のPETIT NEW STANDARDの色落ちの紹介を。

【A.P.C】は1987年にフランスで生まれたブランド。
A.P.Cとは「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」の略で、デザイナーの名前を服のデザインと結び付けたくない、ということが意図されているそう。

 

【A.P.C】PETIT NEW STANDARD

 

あまりはっきりとは覚えていないが、大学二年の秋に福岡の直営店で購入した。当時から洋服を買う際は、衝動買いなどはせずに事前にじっくりと考え本当に欲しいと思うものを購入するタイプだった。色落ちを楽しめるデニムを買うと決め、【A.P.C】だけでなく色んなブランドを熟考したうえでこれに決めた。【A.P.C】のジーンズには他に、「NEW STANDARD」「PETIT STANDARD」「NEW CURE」などのモデルがあり、リジッドのものは14オンスほどでパリッとした堅さがあるのが特徴。このモデルは最も細身で強いテーパードがかかっている。ストレッチは効いていない。

 

 

こちらが色落ちの様子。

 

両ポケットと膝裏にくっきりとひげ、ハチノスができている。ぱっと見た感じは加工されたデニムみたいだ。

ちなみに購入当時、裾上げをしてもらう際に手持ちが全然無かったので、一番裾上げ料が安かったシングルステッチにしてもらっている。A.P.Cのデニムはおそらく初期からシングルステッチだったからあまりそこは気にしなかった。

 

このデニムを履きはじめてから1番に思ったのは「色落ちが早い」ということ。

今では購入当初のあの濃紺が信じられないほど薄いブルーになっている。14オンスとなかなか生地が厚いこともあるが、5回ほど洗えばかなり色が変化したなと分かるだろう。ウエットティッシュでこするとティッシュ側にうっすら青がうつる。色落ちがはやいので履いていて楽しかった。「デニムの色落ちを楽しみたい」と思っている人にはぜひお勧めしたい。モデルも色々あるが、基本シルエットが細身であることに注意してほしい。試着推奨。

 

 

スマホの跡も良い感じに出てきている。
ただ、最近左膝が破れてきている。天然のダメージジーンズでまあ気に入ってはいるが、このままにしておくとひどくなりそうなのでリペアも検討に入れている。

※追記
2019/02/05に写真を改めて撮り直した記事を更新。

▽『[色落ち]【A.P.C】PETIT NEW STANDARD-プチニュースタンダード (着用4年)

 

Share your thoughts