[色落ち]【A.P.C】PETIT NEW STANDARD-プチニュースタンダード (着用4年)

 

今回もまたデニムのお話。

たまに自分で書いた記事を読み返したりするのだが、このブログのスタート当初と現在で写真のクオリティがかなり違う。雑記や物を紹介する記事の場合、特にデニムは色落ちの様子を伝えることが目的なので、写真のクオリティは大事にしたいと思っている。

今日はデニムついて初めて書いた記事の再掲というか、写真を撮り直して改めて紹介しようと思う。

 

(撮り直す記事)

▽『【A.P.C】PETIT NEW STANDARD | 購入から3年半経った現在の色落ち

 

 

【A.P.C】PETIT NEW STANDARD

これがそのジーンズ。【A.P.C】のプチニュースタンダードというモデルで、これ以外にニューキュアというモデルを1本、所持している。

 

▽『【A.P.C】NEW CURE | 2年半履いた現在の色落ち。履き方やこのジーンズとの思い出など。

 

 

このデニムをよく履いていた頃は、今みたいにマネークリップと小銭入れの組み合わせでなく、二つ折りの革財布を右バックポケットにいつも入れていた。上の写真で薄らその跡が見てとれる。我ながら良い色落ちをしてくれた。

 

 

 

着用頻度、このジーンズのこれからについて

左膝に穴が開き始めてから、このジーンズの着用回数は大きく減った。これ以上広がって欲しくないのでリペアをしたいところだが、その経験と知識がないのでどうしたものか。

【A.P.C】にはバトラープログラムという、履きつぶしたデニムを預けることで新しい物と半額で交換できるというプログラムがある。すごくいいアイデアだと思うが、今のところこのデニムを手放すつもりはない。できることなら毎日のように穿いていた当時の思い出と一緒に観賞用としてずっとワードローブにしまっておきたい。

 

 

まとめ

簡単ではあるが持っている中で最も古参のジーンズを改めて紹介してみた。4年も履いているとホントに相棒みたいな感覚になってくる。ボロボロだけど、それがいいのかな。

 

 

 

Share your thoughts