経年変化と可愛らしいデザインを楽しめる小銭入れ | 【Cramp】の回転式コインパース

普段は財布を持ち歩かずに、マネークリップと小銭入れというスタイルで生活している。毎日ジーンズを履くので、二つ合わせてもパンツの前ポケットに入る薄さがこのスタイルの何よりも良いところ。

【slow】のコインケースももちろん気に入っているが、別でもう一つ小銭入れを持っている。それが今回紹介する【Cramp】の回転式コインパースだ。

 

 

【Cramp】の回転式コインパース

【Cramp】は池之端銀革店のオリジナルブランド。

池之端銀革店は、革、銀製品のセレクトショップ兼レザーショップで、【Cramp】の他に【Dual】【Haru】などのブランドを展開している。質の高い革を使用しているだけでなく、コバ磨きまで丁寧に手作業で行っているそうだ。

 

約1年ほど愛用している「回転式コインパース」。半月型の革を2つ組み合わせることで、回転させた際に小銭をすくい上げるような構造になっている。

革には美しい発色を持つイタリアンレザーを使用。また昔ながらの鞣し技術を採用することで、使い込むにつれて艶や色味が増すのが特長だそう。

 

 

気に入っている点

  • 丸っこくて愛着がわくデザイン
  • 経年変化を楽しめる
  • カラーの組み合わせパターンが豊富
  • 付属の缶ケースが洒落ている

 

上で紹介したように、革には高級なイタリアンレザーを使用しているので、経年変化を楽しむことが出来る。

なによりも驚くのは、外側と内側の革でカラーの組み合わせパターンが豊富であること。BLACK, CHOCO, BROWN, RED, BLUE, GREEN, YELLOW, TAN, の 8カラー×8カラー = 64通りの組み合わせが出来る。そのためカップルで色違いをペアで買ってもいいし、プレゼントするならその人に合ったカラーを選ぶことが出来る。またそれぞれのカラーで経年変化の様子が異なるのも面白いポイントだ。

 

これは「BROWN」×「YELLOW」。

 

付属の缶ケースもなかなか洒落ていて、小物などを収納するのにちょうどいい。外側の革と同じカラーの革がケースにも使われているようだ。

 

 

気になる点

  • 薄化粧なため、小さな傷が目立ちやすい
  • 慣れるまで小銭を取り出しにくい事がある
  • 革と革の間に小銭が入ることも
  • ポケットに入れにくい

池之端銀革店のホームページにも記載されていたことだが、使用しているイタリアンレザーは薄化粧なため小さな傷が隠れにくい。その反面、革本来の表情と美しさを楽しむことができるのだが、傷が目立つことが嫌という人には気になるポイントだと思ったので挙げてみた。

また実際に使ってみて、小銭が取り出しにくかったり、外側と内側の革の間に挟まることが何度かあり、少し気になった。コツとしては回転させた後に少し力を入れてあげると中が広がって小銭が取り出しやすくなる。

 

 

デニムのベルトループに付けて持ち出している

厚さが3~4センチほどありジーンズの前ポケットに入れることはできないので、ベルトループに掛けて持ち歩くようにしている。

実際にジーンズのベルトループに掛けてみるとこんな感じ。女性の場合はバッグの持ち手に掛けたりすると持ち出しやすいと思う。

コンビニなどで会計を済ませるときはサっと外して再び同じベルトループに掛ける。面倒と思うかも知れないが、バッグやポケットから小銭入れを探す必要はないので、慣れてくるとストレスフリーで楽に使えるようになる。

 

 

まとめ

可愛らしさと革本来の経年変化を楽しめる【Cramp】の回転式コインパースを紹介してみた。性別問わず使えるアイテムだと思うので、日々のファッションのワンポイントとしても、ぜひオススメしたい。

 

 

池之端銀革店のホームページはこちら

Share your thoughts