美味しいコーヒーのある暮らし、始めました。 | 【HARIOハリオ】との出会い。

コーヒーっておもしろい。最近かなりハマっている。

研究室でも美味しいアイスコーヒーを | 水出しコーヒーとは。』で少し触れたが、僕はついこの間まで「ドリップバッグが楽で美味しいから好き~」なんていう風に思っていた。

 

きっかけはコーヒーミル

ある日、自宅のキッチンをあさっていたらこんなモノが出てきた。

 

HARIOハリオ】コーヒーミル

 

「あれ?うちにこんなんあったっけ?」このレトロな感じに自然と惹かれた。
どうやら数年ほど前購入したモノらしく、最近は僕も両親もドリップバッグでコーヒーを淹れていたため、棚の奥に眠っていたらしい。「楽しそう!!」このコーヒーミルを手に取った瞬間から、僕のコーヒーライフがスタートした。

 

 

何事も、まずはカタチから

他にも何かコーヒーアイテムはないか、とキッチンをあさってみると、ドリッパーからペーパーフィルター、フレンチプレス用のカフェプレスまであった。これは手を出すしかない笑。

 

 

 

「まずは豆を選ぼう、焙煎度合いは浅煎り?深煎り?、豆は粗挽きで、ペーパードリップよりフレンチプレスの方が味は好きかも。」、こだわり始めるとキリがない。正解が無いのもコーヒーの魅力だなんて思ってみたり笑。

 

 

ドリップケトル、メジャースプーンが欲しい。

美味しい豆を求めて地元のコーヒーショップに足を運び、これまでに何度か自分でコーヒーを淹れてみた。基本的には、挽いたコーヒー豆、ドリッパー、ペーパーフィルター、熱湯があればコーヒーは淹れることができる。

流れとしては

  1. 豆を挽く(もしくは挽いてあるものを使う)
  2. ドリッパー、フレンチプレスに10~15g(1杯分)粉を
  3. 95°ほどの熱湯を円を描くように注ぐ
  4. 30秒ほど蒸らす
  5. 残りのお湯を注いで完成

この過程の中で、2つ目、3つ目の段階で僕はよくつまずいていた。
原因はこれ

・10~15gをきれいにはかれない
・お湯を細く注ぐことができず、上手く円を描けない

前者はしっかり計れば解決するのだが手間がかかってしまう、後者はヤカンを使っている限り難しい。

 

要するに、コーヒーメジャースプーンドリップケトルが欲しいのだ。

色々調べていると、スプーンは安いモノは100円ほどで購入することができるそうだ。

 

今考えているのはこれ

【HARIO (ハリオ)】 V60 計量スプーン

HARIO (ハリオ)】 V60 計量スプーン

 

コーヒーミルと同じメーカー【HARIO】の計量スプーン。粉で1杯12g、豆で約10gの豆を計ることができる。amazonで買うと少し安い。シルバーを購入しようと思っている。

 

【HARIO (ハリオ)】 V60 ドリップケトル

HARIO (ハリオ)】 V60 ドリップケトル

 

これまた【HARIO】のドリップケトル。IHでも使用可能で、amazonではベストセラーとなっていた。シンプルでお湯も注ぎやすく、初心者から上級者まで、幅広く使われているらしい。

 

【HARIO】v60とは

【HARIO】は90年以上続く、日本が世界に誇る耐熱ガラスメーカー。

「v60」は、このドリッパーのこと。

円錐型で、内部に溝(スパイラルリブ)があるのが特徴。世界中のコーヒー好きが愛用していて、コーヒー抽出の世界大会で優勝した時もこのドリッパーが使われていたらしい。かっこいい。。。値段もお手頃で非のつけどころがない笑。これも買おうかな。。

 

まとめ

今回はコーヒーのある暮らしについて考えてみた。紹介したメジャースプーン、ケトルが届いたらまたレビュー記事を作りたいと思っている。

 

コーヒーっておもしろい。あのとき【HARIO】のコーヒーミルに出会ってよかった、きっと数年後思っているだろう。

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)