1日の隙間時間、何をする?

 

先日の『boreless-ボアレスがスタートして約半年。』という記事でも話したとおり、これまで様々なカテゴリーで60本の記事を書いてきた。

ブログとしてborelessが少しずつ大きくなってきていることを実感しながらも、何か新しい事をしたい、しないといけないという思いもまた同時にある。

ということで今回はこれまであまり書いてこなかった「コラム」っぽい内容でお送りしたい。

 

 

大学院生の隙間時間の過ごし方

僕は現在大学院の2年生。また大学では工学を専攻していて普段は研究室で研究を行っている。研究と言っても内容は様々で、あまり深くは言えないがパソコンと向き合ったり実験室に籠もったりしている。

1日を24時間として、毎日8時間近くは寝ているので活動している時間はだいたい16時間。現在はアルバイトもしていないので研究以外にも好きなことをする時間は結構ある。そこで「隙間時間の過ごし方」と題して、学生であれば普段の生活の中で誰しも1度は訪れる自由な時間、言うならば暇な時間の過ごし方について話していきたい。

 

 

スマホアプリでニュースを見る

今はもうテレビでニュースを確認するよりも、ネットやアプリ上で確認した方が欲しい情報を素早くインプットすることができる時代。もちろん家にいるときはテレビを見ながら情報を得ることもあるが、昔よりもテレビを見る機会が減った事は事実。

僕が愛用しているアプリはCMなどでもよく見かける「SmartNews」。経済やテクノロジーなど分野ごとにタブで分けられていてかなり見やすい。このスマートニュースの良いところはオフラインの状況でも直前に読み込んでいたニュースを読むことが出来ること。今年は飛行機に乗る機会が多かったので機内モードにする直前に記事を読み込み、オフラインの状況でチェックするという事が多かった。

他には、「Flipboard」というアプリや、エンタメ情報が気になるときはラインニュースなどを活用している。

 

 

スマートニュース

スマートニュース

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Flipboard

Flipboard

Flipboard Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

自分が学びたい事に時間をあてる。

僕はこれまで大学で約6年間”工学”について専攻してきたわけだが、年を取るにつれて「何かを学ぶこと」の楽しさが分かるようになってきた。受験のための勉強ではなく、自分の将来のために勉強をする。重要なのはすべき時に行動できるかどうかで、あのときこうしていて良かったと後で思えるように、今できることに注力していきたいところ。

 

さて、では僕は何を自主的に学ぼうとしているのか、それは語学で、なかでも今は英語の勉強に力を入れている。英語が話せればより多くの人とコミュニケーションがとれるし、海外で生活するという僕のちょっとした夢のハードルも一気に下がる。だいぶまえに『学生のうちにTOEIC600点を取りたい!!という話。』という記事で触れていたが、僕の目標は卒業までに少なくともTOEICで600点をマークすること。そのために1日のちょっとした時間に活用しているアプリが2つある。

1つは「TOEIC カレンダー」というアプリ。TOEICテストの開催日や申し込み締切日などをカレンダーと連動させることで通知してくれるというもの。メインはこの機能なのだが、僕がこのアプリを利用している理由は”1日1回、3問の簡易的なLessonを受けることができる”から。

 

 

リスニング2問とリーディング(簡単な穴埋め)1問という構成で、5分もあれば回答・見直しまで出来るので、続けるのが苦手という人にもオススメできる。

 

 

もう一つは、「TOEIC English Upgrader」というアプリ。

このアプリはリスニングを鍛えたい方にオススメで、日常の会話やビジネスシーンでのやりとりなど、様々なエピソードが収録されている。ダウンロードしてしまえばオフラインでも利用できるのが嬉しいポイント。

 

これまでに十数個のエピソードを聞いてみているが、結構難易度は高い。汗
しかし英語のスクリプトはもちろんのこと、加えて日本語訳やキーとなるフレーズ一覧などもある為、ただ聞くだけでなくシャドーイングやオーバーラッピングといった学習方法もとりやすい。

TOEICはリスニングから鍛えるとスコアを向上させやすいと聞いたことがあるので、隙間時間などを利用して励みたいところ。

 

TOEIC Cal.

TOEIC Cal.

The Institute for International Business Communicationposted withアプリーチ

 

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader

The Institute for International Business Communication無料posted withアプリーチ

 

他にも時間をかけて勉強をしていたりもするが、今回は隙間時間でできることということなのでこの2つを紹介した。

 

 

ブログを読む

僕はborelessを始める数年前から色んなブログやウェブメディアの読者であり、何か通販を利用して物を買おうとすれば必ずといっていいほどレビュー記事などを読むようにしてきた。

特に好きなのは『トバログ』というブログ。数年ほど前から毎日のようにチェックしていて、レビュー記事だけでなく”カバンの中身”特集なんかが特に面白い。なんと言っても写真が素晴らしいのが魅力。

僕は活字だけの本はあまり読まないが、素敵な写真に文章を添えている雑誌やウェブサイトは不思議と読んでしまう。いい写真には人の目を引く何かがあるようだ。

ただ情報を得るということだけでなく、色んな人の生き方や考え方などが見えて面白いのがブログ。このborelessもだれかに面白いと思ってもらえるものにしていきたい。

 

▽『トバログ』

 

 

音楽・ラジオを聞く

空いた時間にというよりも、ほとんど1日中音楽またはラジオを聴いている。『FMラジオで触れたことのない音楽と出会う。僕が今年、出会った音楽達。』で、ラジオは音楽との出会いの場として最適だという話をしたが、実は音楽だけでなくメッセージテーマトークやゲストとのトークもけっこう面白い。何よりリスナーとの距離が近いことが僕は一番の魅力だと思っていて、メッセージやリクエストは以外と採用されやすいのでラジオを楽しみたいと思っている方はぜひ送ってみて欲しい。

僕の小さい頃の夢は”FMラジオのパーソナリティになること”で、それぐらいラジオ、特にFMラジオが僕に与えた影響は大きく、これからもずっと聴き続けるつもり。

 

radiko.jp

radiko.jp

radiko Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

 

 

まとめ

こんな感じで、半分アプリ紹介みたいになってしまったが、理系大学院生の僕の隙間時間、暇な時間の過ごし方を記事にしてみた。振り返ってみるとどれもスマートフォンありきになっていたことに驚いた。また最後まで読んでくれた方は分かると思うが、けっこう意識は高め。笑

しかしこれは割と充実してたと思う日の過ごし方で、実際はゲームやYouTubeばっかりの日もあれば1日中ゴロゴロする日もあるのが正直なところ。ただ何かを自分の物にしたいときに「時間がなかった」という言い訳だけはしたくないので、borelessというブログも含め今しか出来ないことには進んで挑戦していくつもり。

 

 

Share your thoughts

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)